自分でクレジットカード現金化を行うメリットとデメリットについて

クレジットカード現金化を利用して現金調達を考えている人の中には業者を利用するのではなく自分で現金化を行いたいと考える人が少なくないようです。

これは現金化業者を信頼できないという方も少なくないのが要因の一つとされています。

そこで自分でクレジットカード現金化を行う場合のメリットとデメリットについて解説していきます。

自分でクレジットカード現金化を行うメリットとは?

クレジットカード現金化の場合には業者に買取してもらうのが一般的ですが、カードショッピング枠で商品券や新幹線チケットなどを購入して売却することで自分の手でも現金化をすることは可能となっています。

では自分でクレジットカード現金化を行う事によってどのようなメリットを得られるのでしょうか。

高い換金率で現金化可能

クレジットカードの現金化を業者に依頼した場合には手間はかからない分、換金率が低くなってしまうことがネックとなります。

業者の場合には手数料も差し引かれてしまうので、換金率が低くなってしまうという仕組みが存在しているのです。

しかし自分の手でクレジットカード現金化を行う場合には、自分で換金率の高い商品を選べますし、その後売却する場合でも換金率の高い店で売却すれば非常に高い換金率で現金化することが可能となっているのです。

悪徳業者に依頼する心配がない

クレジットカード現金化業者の中には顧客のカード情報や個人情報を抜き取ったり、提示していた換金率より低い現金を振り込むなど悪質業者が存在します。

このような悪質業者を利用してしまった場合には、現金化行為自体がグレーゾーンですから警察やカード会社にも相談できず泣き寝入りが殆どです。

自分の手でクレジットカード現金化した場合には、このような悪質業者を利用する心配がないというのも大きな利点です。

ネットの普及で自分で現金化する方法も多い

自分の手でクレジットカード現金化する場合には商品を購入して買取ショップで売却するのがポピュラーでしたがネット普及で現金化方法も多くなりました。

例えばフリマアプリの登場で購入した商品をフリマで売却したり、ネットオークションに商品を展示したりして現金化することも可能です。

ネット普及により現金化の手法も多くなり利便性が高まったのも大きな利点です。

自分でクレジットカード現金化する場合のデメリットとは?

自分の手でクレジットカード現金化する場合にはデメリット部分も存在している事に気を付けなければなりません。

デメリットを理解せずに安易に現金化を行うと思わぬ不利益を被るのでチェックしておきましょう。

時間と手間が多く掛かってしまう

自分の手でクレジットカードを現金化する場合には、自ら商品を購入して買取ショップなどへ売却するなど非常に時間と手間がかかります。

現金化する場合には直ぐにでも現金調達する必要があるにもかかわらず、時間的なロスを避ける事ができないのが難点で、現金調達までの余裕がある人しか使えない部分があるのです。

カード会社に発覚してしまうリスクが高い

自分の手でクレジットカード現金化するメリットとして換金率の高い商品を選べることにありますが、高換金率の商品を頻繁購入しているとカード会社に発覚してしまうリスクが高くなってしまいます。

カード会社の方も現金化に利用される高換金率の商品はチェックしていますから注意が必要で、もし発覚すればカードが利用できなくなる恐れがあります。

商品の値動きに振り回される

自分の手で商品を購入して買取ショップで売却し現金化する場合には、商品価値そのものの変動に注意する必要があります。

ゲーム機やブランド品などは想像以上に商品の値動きが激しいため、予定していた換金率を下回る可能性もあります。

商品の値動きに左右されて思ったように現金化できないケースも少なくないのです。

まとめ

自分の手でクレジットカード現金化する場合におけるメリットやデメリットについて解説してきましたが、思わぬ利点や落とし穴が多く驚いた方も多いのではないでしょうか。

自分の手でクレジットカード現金化をする場合においては、メリットやデメリットを把握して自己責任で行うのが肝要です。

クレジットカードを現金化する流れとそのリスク

近頃よく「アマゾンギフト券業者おすすめランキング」という言葉を耳にするようになりました。

実情を知らなければ、いったい何のことなのだろうと疑問を抱くかもしれません。

聞きなれないその言葉に、あまりよろしくないイメージを抱く人もいるでしょう。

では、クレジットカードを現金化するとは、いったいどういうことなのでしょうか。

クレジットカードの利便性を現金化

クレジットカードとは、買い物する際に現金を持ち合わせていなくても、後払いすることで欲しいものが手に入るというカードです。

その利便性の高さから、多くの人が利用しています。

また、現代の経済社会の中で主流となりつつある「キャッシュレス決済」の代表格ともいえるものです。

クレジットカードから現金を入手するまで

クレジットカードの現金化とはすなわち、そんなクレジットカードの機能を利用し、現金を手にするという方法です。
現在この方法には、大きく分けて3つの方法があります。
1つは、クレジットカードを使って換金性が高いものを購入したのち、カードの現金化を専門的に行っている業者に転売することで、現金を手に入れるという方法です。

またもう1つは、その業者から価値の低い安物の商品をクレジットカードで購入し、その見返りや特典という形で、現金をキャッシュバックしてもらいます。

3つ目は、クレジットカードを使って紙幣や貨幣そのものを、直接購入する方法です。

現金化のメリット

キャッシュレスが進む現代社会ですが、それでも現金が必要となる場面は、まだまだ多いのが現状です。

クレジットカードの現金化は、ひとまず現金が欲しいという人にしてみれば、ありがたい手法といえるでしょう。

クレジットカードがあれば、誰でも簡単に現金化することができることもあり、利用者が増えています。

クレジットカードを現金化するリスク

クレジットカードを使い、簡単に現金を手にすることができるなら、積極的に現金化しようと考える人もいることでしょう。
クレジットカードの現金化に、リスクは伴わないものでしょうか。

違法ではないがグレーゾーン

クレジットカードの現金化は、「違法」とまでは言えません。

一個人が所有しているクレジットカードを利用する際、その目的を、はた目から判断することが難しいからです。

クレジットカードを使用して買い物したものを、後々転売したとします。

購入したものが気に入らなかったから、売却したのだと言えば、文句を言われることもありません。

現金化することを目的として、クレジットカードを利用するのかどうかを、事前に見極めることはとても難しい、と言わざるを得ないのです。

ですが多くのクレジットカード会社が、本来の目的を逸脱し、現金化を目的としてカード利用することを、規約で禁止しています。

違法とは言えずとも、グレーゾーンと呼ばれる状態にあるのです。

詐欺に遭うリスク

とりあえず現金が欲しいがために、深く考えずにこのシステムを利用すると、詐欺被害に遭ったり、トラブルに巻き込まれるリスクがあります。

カードから個人情報が盗まれたり、盗まれた情報によって身に覚えのないショッピングの請求が来たりする可能性も、ゼロではありません。

負債が増えるリスク

ひとまず現金を手にできたとしても、クレジットカードを利用した事実は消えません。

当然後日カード会社から請求が来ることとなり、現金化を利用すればするほど、カードの支払いも増えていきます。
結果的に、負債が増えるリスクが付いて回るのです。

まとめ

クレジットカードの現金化は、簡単に利用できるシステムでもあることから、利用者が増加しています。

一見何の苦労もなく現金を手にできるように思えますが、カードを利用した際の支払いが、消えるわけではありません。

カードの請求額が増え、結果的に追い込まれてしまう危険性も、充分にあります。

目の前の利益だけに気を取られ、安易に利用するのではなく、その仕組みと流れ、メリットとデメリットをしっかり理解してから利用することが大事です。