クレジットカード現金化が向いている人・向いていない人はこんな人

投稿者:

現金をどうしても用意しなければならない時に、クレジットカード現金化という方法があります。

インターネット上では、クレジットカード現金化業者を多数見つけることができます。

信頼できるクレジットカード現金化業者を利用すれば、安全に現金を用意することが可能です。

ただし、クレジットカード現金化が向いている人もいれば、向いていない人がいるのも事実です。

自分にクレジットカード現金化が向いているかどうかを確認しておきましょう。

クレジットカード現金化が向いている人

クレジットカード現金化が向いているのは、以下のような人です。

自分名義のクレジットカードを持っている人

クレジットカード現金化は、本人名義のクレジットカードを所有していれば収入や職業にかかわらず行うことができます。

自分の名義のクレジットカードを所有さえしていれば、クレジットカード現金化業者を利用する際には審査を受ける必要もありません。

自分名義の銀行口座を持っている人

クレジットカード現金化業者を利用する際には、振り込み口座も自分の名義である必要があります。

自分名義の銀行口座を持っている人なら問題なく利用できます。

また、ゆうちょ銀行・ジャパンネット銀行・楽天銀行などのネットバンクの口座を持っている人は、入金が即反映されるのでとても便利です。

普段あまりクレジットカードでショッピングをしない人

クレジットカード現金化はショッピング枠の範囲内で行うことができます。

普段クレジットカードでショッピングをすることが多い人は、あまりショッピング枠の利用可能額が残っていなかったり、現金化をすることでショッピングに使える金額が少なくなり不便に感じることがあります。

普段あまりショッピングなどでクレジットカードを使わない人は、現金化を行っても不都合はないでしょう。

クレジットカード現金化が向いていない人

困った時に大変便利なクレジットカード現金化ですが、残念ながら以下のような人には向いていません。

家族カードしか持っていない人

クレジットカード現金化業者では自分名義のクレジットカードでなければ利用不可となっていて、家族カードも使えないところが多いです。

主婦の女性などは普段家族カードを使用している人が多いので、家族カードにも対応している現金化業者を探す必要があります。

自宅に商品が届くと困る人

クレジットカード現金化業者を利用すると、たいてい商品購入の特典としてキャッシュバック方式で現金が振り込まれます。

そのため、購入した商品が後日自宅に届き、必ず受け取る必要があります。

一緒に住んでいる家族に見られると困る、忙しくて不在にしがちで受け取るのが難しい、という人には不便に感じるでしょう。

まとめ

このように、クレジットカード現金化業者を使って現金化を行うことには、向いている人と向いていない人がいます。

自分がどちらに当てはまるのかよく確認した上で利用することが、トラブルを防ぐために重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です